インプットしたらアウトプットするというのが基本ですが、合同説明会に参加したからといってすぐになんらかの形になるかは場合によります。

そしてせっかく合同説明会に参加したのになにもアウトプットしなかったらすべて無駄かというとそういうことではないでしょう。

今後他のものをインプットした際に結びついて新たなアウトプットにつながる可能性もあります。

トルコリラが有名になってきました。

しかし、合同説明会に参加したのになにもアウトプットにつながらなかったというのは、目的が明確である場合には費用対効果は悪いということになります。
世の中に無駄なことはないという理屈でなんでもかんでも行動しようとする人もいますが、そのバイタリティは素晴らしいです。

しかし、目的が明確であるのであればやみくもになんでもやるよりは考えて効果の高いものをやったほうが良いでしょう。



具体的にやることもそうですし、インプットにしても必要度の高そうなものを優先的に仕入れていくということです。媒体はネットが最適です。

ネットはだめだと言われがちですが、個人事業などでも無料のネットの情報が活かされている場合は多々あります。



むしろ本や新聞の方が直接的に役立つ情報は少ないでしょう。

教養という言葉がありますが、今は変革の時代です。

もちろん教養はあった方が印象としては良いですし、それが何かに役立つ可能性もあるのですが、新しい便利なものは取り入れるべきですし、アンテナを貼っておいた方が現代の資本主義社会に合っています。

Copyright (C) 2016 合同説明会に参加したら All Rights Reserved.